ロボカップ姉妹の日常

ステッピー&ロック・オンの姉がロボットとか作りつつ制御の勉強してみたり、部品作ってあそんでみたり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おやじロボの紹介【父執筆】

久しぶりの更新ですが、今回は私の父が書いた記事となります。
以下、父の文章↓




せとうちオープンで開催される“おやじリーグ”をご存知ですか?
目的に“既存のロボットキットの性能を最大限に生かしたロボットの製作、開発を通じて、メンターの技術スキルアップ、技術開発、技術交流を行い、子どもたちへの指導力の向上を図ることを目的としています。”とあります。
OB・OGがお手本ロボを持ち寄るだけでも技術の伝承になります。
素晴らしい取組ですね。


今年の関西オープン大会でも、ロボカップOB・OGと“おやじ”の参加が試みられました。
早速”おやじロボ”を製作して、出場しました。
本家おやじリーグのような製作に関する制限は無かったのですが、”特別な加工を必要とせず、また、高価でないものが望ましい。”を守ることにしました。
マイコンボードも入門者に優しいC-StyleでプログラミングができるTJ-3B COREを採用します。

"おやじロボ"の製作テーマは“狙って作る”です。
“狙って”とは物理法則に基づく設計をきっちり行うことです。
設計をするには、部品のしくみや性質をしっかり理解して、性能を出し切る工夫や計算(仮定を含めた概略計算でOK)が必要です。

計算と言っても四則演算で済むものがほとんどですので、是非試してみて下さい。
自分の作りたいロボットに必要な部品が計算で選定できれば、部品購入に無駄がなくなり、財布に優しいですよ。


PA040037.jpg

<ロボットの仕様>
○ホームセンターで購入可能な2mm厚樹脂板(写真の白色は3mm厚)を手加工で製作可能な範囲(軽量化の抜きとかは無し)のシンプルな筐体。
○ギヤモーターTT(ギヤ比120:1)TGP01D-130-120のモータをJoshinスーパーキッズランド店価格320円のミニ四駆モータを採用した3軸オムニ仕様
○ギヤモーターTT(ギヤ比48:1)TGP01D-130-48(ガジェットやTJ-3標準のギヤモーター)のドリブラ
○Li-Fe 6.6V 2800mA (電動ラジコンカー用 フルサイズ) 
○ボールセンサ×4
○ラインセンサ×3
○超音波センサ×3
○方位センサ×1
○重量:924g

設計の過程についての技術解説は、次回公開致します。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kamenokokko.blog.fc2.com/tb.php/71-15784799
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。