ロボカップ姉妹の日常

ステッピー&ロック・オンの姉がロボットとか作りつつ制御の勉強してみたり、部品作ってあそんでみたり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボール盤を簡易フライス盤に変身させる。

CIMG0987.jpg

今日は朝っぱらから切削した基板の外形を簡易フライス盤で切り出しておりました( ・∀・)ノ
学校の卒業研究でフライス盤を使う機会がありそうなので、その予行演習も兼ねて。





使用したのはPROXXONの卓上ボール盤です。
このボール盤のオプションとして

「マイクロクロステーブル」

なるオプションがあります。
CIMG0990.jpg
こんな感じのオプションで、エンドミルの高さを固定して使うと簡易フライス盤に早変わり!
amazonでは7432円で購入できます。
この手のオプションとしてはお手頃ですね^^
ちょちょーっと板切りたい時に便利です。


使用したエンドミルはORIGINALMAINDのFRP向け超硬ルーター

「快刀乱麻」

流石、FRP向けだけあって紙フェノール基板ぐらいならサクサク切れます。
側面の細かい刃が特徴的ですねー







ここで、大事なお話を一つ。

定格使用時間

ってご存知ですか?
私は今日初めて知ったのですが、ホビー用の切削機器の多くは連続稼働できる時間に制限があるのですΣ(・∀・;)

このボール盤ならこの部分に記載されています。
CIMG0983.jpg
CIMG0991.jpg
今回使ったボール盤は定格使用時間15分。

ホビー用の切削機器が安価なのは、大きさが小さい、精度が甘めという他に……
モータやベルトの熱設計も低コスト化されています。
定格使用時間を超えて稼働させていると、最悪壊れてしまうことも^^;
この定格さえ守って使えば機嫌よく長生きしてくれるので、キッチンタイマーなどをかけて使用することをオススメします(-_-)b

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kamenokokko.blog.fc2.com/tb.php/51-91bfca4e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。