ロボカップ姉妹の日常

ステッピー&ロック・オンの姉がロボットとか作りつつ制御の勉強してみたり、部品作ってあそんでみたり…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第二回】超音波センサで距離を制御する ~比例制御編~

前回は超音波によるON/OFF制御について書いたので、今回は比例制御です。
過去に書いた『【第二回】比例制御でライントレースをする ~実践編~』で公開したプログラムとほぼ同じです。
比例制御の基本的な話は『【第一回】比例制御でライントレースをする ~概要編~』をご覧ください^^






早速、超音波センサによる比例制御プログラムのサンプルを。

右クリック→対象をファイルに保存でどうぞ。
テキストファイルとして保存されてしまう場合は保存方法を「テキストドキュメント」から「全てのファイル」に切り替えて、ファイル名の最後に「.Csy」とつければ大丈夫です(-_-)b
PING_P.Csyのダウンロード

フローチャートは以下のようになっています。
目標値というのは目標の距離のことです。目標値とセンサ値の差が偏差となります。
130812_03.png
130812_04.png
130812_05.png



正直、単純に壁などから一定距離を保って走行するだけなら前回の記事で紹介したON/OFF制御でも十分だと思いますが………

次の動画を見比べてください。

↓ON/OFF制御で坂を登る↓



↓比例制御で坂を登る↓


坂を登りながらの制御では機体が安定しないので、ON/OFF制御特有のハンチングが顕著になっており、機体のガタつきが原因でタイヤが滑りやすくなっています。
それに比べ、比例制御は全くブレなく坂を登っています。

同じように、高速で走行しながらのON/OFF制御ではハンチングが大きくなり、それが原因でロボットが転倒してしまう場合があります。
このように、制御のガタつきが望ましくない場合、機体が不安定な場面、高い精度の距離制御が必要な場合は比例制御の方が適しています。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kamenokokko.blog.fc2.com/tb.php/42-0bc8abae
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。